引っ越しのここがわからない

ペットを連れての引越し。ストレスをかけない方法は?

ペット可物件から、ペット可物件への引越しの場合はどのような点に心を配ればいいのでしょうか?ペットと言っても小型犬ばかりではありません。電車に乗れないサイズの中型、大型犬は?猫やウサギはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

電車に乗れない時は?

 

ペットを連れての引越しとなると、ペットのサイズによっては電車に乗れない場合もあるでしょう。電車に乗って新居まで移動をと考えても、ペットはどうしたらいいのでしょうか?

 

電車に乗れるサイズは、飼い主の手荷物として運べるサイズとされています。たいていの場合、小型犬や猫でしょう。ウサギなどの小動物もキャリーケースを使用すればもちろん同乗可能です。

 

しかし、中型犬や大型犬はどうしたらいいのでしょうか?

 

ペットタクシーを利用する

この場合レンタカー借りて一緒に移動するという方法以外にも、「ペットタクシー」を利用するという方法もあります。ペットタクシーは人間向けのタクシーサービスと同様ですが、料金体系は会社ごとに独自に設定されていますので、事前に相談をしてみるとよいでしょう。

 

運送会社に依頼する

またタクシーでは料金がかさみすぎてしまう場合、西濃運輸では「生体輸送サービス」を行っており、キャリーケース(プラスチック製、金網製などの丈夫なもの)に入れた状態でトラックにのせ輸送してもらえるサービスがあります。

 

しかし、トラックはペット専用ではなく、他の一般貨物と同梱です。空調管理、室温管理はされていませんので利用の際はその点もしっかりと考えてからがよいでしょう。夏であればキャリーケースの中に保冷材を入れる、冬であればカイロや湯たんぽなどを入れて寒さ対策が必要です。

 

目的地に到着後は、一般貨物異なり配達サービスはなく、営業支店まで引き取りにゆき、直接引き取りとなります。ただし、輸送中のトラブル、怪我、死亡等に関する保証はありませんのでご理解は必要となります。

 

ペットの同乗可能な引越し業者を探す

 

法律的には、引越し荷物を乗せたトラックに、引越しの依頼人(作業員)以外が同乗し、現地まで移動することを禁じられています。ですから、トラックに人間は同乗できませんが、ペットは法律的に「物」と定義されるので、引越しトラックへの同乗が可能です。

 

ペットの同乗を引き受けるかどうかは、業者ごとに対応がまちまちですから、見積もりの際に相談をしてみましょう。ペットを乗せる場合にはキャリーケース分も見積もりに加算すること、キャリーケースの仕様に規定があるかどうかなどを事前に確認しておくとスムーズでしょう。

 

 

電車の乗せるときには

 

電車に同乗させる時には、鉄道会社の規約をしっかりと遵守しましょう。

● 改札口で手荷物料金を支払い、手荷物札をキャリーバックに取り付けましょう

 

● 乗車中はキャリーバックから出してはいけない。
キャリーバックから顔だけを出す行為も禁止されています

 

● 鳴き声が周りの迷惑にならないように配慮しましょう

 

飛行機に乗せる場合は

 

遠方への引越しの場合、ペットを飛行機に乗せることも可能です。各航空会社ごとに規定がありますので、事前に確認をしておきましょう。高齢のペットや肥満気味、体調不良のある場合は事前に動物病院を受診し、飛行機の搭乗に関して相談をしておくとよいでしょう。

 

まとめ

 

ペット可物件が増えたという背景には、ペットの飼育率が上がったことがあるでしょう。当然、ペットを連れての引越しも増えてきています。ペットも引越しで新しい環境になれるまでには何かとストレスを感じてしまうことでしょうから、引越し先で万が一、体調を崩した場合にも速やかに対処できるように、新居の最寄りの動物病院を事前に調べておきましょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト