引っ越しのここがわからない

【引越し】退去のときに持っていくもの?置いてゆくもの?

引越しを機に思い切った断捨離をしましょうとはよく言われるものの、いざ持っていくもの、おいてゆくものを考えるは時間がかかることでしょう。

 

捨てる場合には、引越し前までに自治体の指定した曜日に合わせて計画的に段取りをしなければなりません。

 

 

エアコンは持ってゆくべき?置いてゆくべき?

 

新築物件に入居したとき、物件の備え付けのエアコンがなかったとき、自身でエアコンを購入し、設置されたことでしょう。エアコン本体の購入に取り付け工事費。退去するからと言ってそのまま物件に残してゆくのは・・・と考えることでしょう。

 

退去するとき、自身で購入したエアコンはどうすればいいのでしょうか?

 

 

エアコンの取り外しにも費用が掛かります。

 

引越し荷物の搬出と一緒に・・・と軽く考えていると。後日追加の請求があります。

 

一般的にエアコンの取り外しは別料金です。引越し荷物を搬出する際に、一緒に持ち出し場合は、見積もりを取る時点で事前に伝えておきましょう。当日の申し出では、作業可能な作業員がいない場合や、費用の面でトラブルになってしまう場合もあります。

 

搬出と補修は別業者

 

引越し業社に依頼した場合、エアコンの取り外し、室外機の取り外しは行ってくださいますが、取り外し後の壁の補修はサービス対象外です。エアコンと取り外した後の壁には釘の後はもちろん、ホースを通すための大きな穴が開いてしまっています。

 

この穴の補修に関しては、事前に不動産屋に確認をしておきましょう。

 

確認事項は、壁の補修費用は敷金で充当されるのか、引越し当日は壁の穴はそのままで退去してもいいのか(場合によっては、雨風の被害を防ぐために簡単な張り紙や補修をするように言われる場合もあります)。

 

エアコンホースの開口部分の補修費用は

 

費用の目安は事前に確認をしておきましょう。もし引越し先の新居にエアコンが備え付けの場合や補修費用が高額になる場合にはエアコンをそのまま設置した状態で退去してもよいかを確認しておくとよいでしょう。

 

場合によっては、エアコンを譲渡するので、敷金を全額返金してもらえる場合もあるので、事前に交渉をしてみるとよいでしょう。

 

照明器具は?

 

入居時に取り付けた照明器具は、今後使用予定がなければ、部屋の備品として譲渡可能かどうかを必ず確認しましょう。

 

防犯上の観点から、前入居者の私物の再利用を禁止している物件もありますし、そのまま継続して使用してもらえる場合もどちらも一般的です。
照明器具の取り外しを忘れてしまった場合、後日、敷金で処分費用を精算される場合もあるので、この点も併せて事前の確認が必須といえます。

 

自力で持ち込むとお得に

 

エアコンなどの大型家電や不要になった家具、衣類等引越しの際には何かと不用品が出ることでしょう。この不用品をその都度回収業者に依頼していると処分費用だけでもそれなりの金額になってしまいます。

 

自家用車を持っている場合は自治体のごみ処分場へ直接持ち込む方法がおすすめです。

 

もし自家用車をもっていない場合には、引越し当日にレンタカーを借りる予定なら、レンタカーもフル活用しましょう。自治体では、直接の持ち込みの場合は、無料で処分をしてもらえる場合や個別で依頼する場合の半額以下で引き受けてもらえる場合がほとんどです。

 

ただし、営業時間、持ち込み可能な曜日は自治体ごとに異なりますので事前に確認をしておきましょう。

 

まとめ

 

引越しには、普段気にも留めないことでも、何かと確認や交渉しなくてはならない場面が生じます。

 

気疲れしてしまうこともあるでしょう。スケジュールを立てるときは、できるだけ日程に余裕を持たせるとスムーズに終えることができるでしょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト