引っ越しのここがわからない

自力で頑張る。男の引越しを成功させるには?

男性によくあるケースで、引越し業者を利用せずに友人に力を借りて引越しを終える場合があります。

 

自力の引越しを成功させるには、事前の準備が不可欠です。準備期間をしっかりと確保し、無理無駄のない引越しを実現しましょう。

 

運搬手段は早めに確保

 

自身で引越しをする場合、最も重要となるのは運搬に使うレンタカーです。

 

引越しといえば、春、ゴールデンウイーク、お盆前後が繁忙期と言われています。この時期に引越しを予定しているのであれは、日程が決まり次第すぐにレンタカーの予約を済ませましょう。

 

レンタカーを借りる際には、軽トラックなどがおすすめです。

 

ワンボックスタイプは値段の割には荷物の出し入れに不向きなタイプが多いので。軽トラックの場合、営業所に在庫を持っていないため、他支店からの取寄せになる場合があるのでご注意を。

 

軽トラックを借りる場合、なるべくホロのついたものを手配しましょう。

 

荷物の積み込みは一見簡単なようですが、大型家電、家具に段ボールとあり、走行中の荷崩れは大変危険です。幌つきであれば、荷崩れの心配も不要なうえに、雨天でも問題なく引越しを終えることができるのでおすすめです。

 

 

大型荷物は現地調達

 

ホームセンターで購入予定のものは、すべて現地調達がおすすめです。

 

引越し前に購入してしまうと引越しの手間が増えてしまいます。ホームセンターでは、買い物当日に無料でトラックを貸出てくれるサービスがあるので、ぜひ活用しましょう。

 

家電の購入も配送料がかかる場合は、引越し当日に同時に済ませ、利用中のレンタカーで同時に持ち帰るとお得です。

 

 

段ボールは小分けがポイント

 

引越し荷物を梱包する際の注意点は、荷物はできる限り小分けにしましょう。

 

大きな段ボールが手に入った場合、つい荷物を詰め込みすぎてしまい、実際に運び出す際に持ち上げられない、段ボールが重みで破れてしまうというトラブルもありがちです。

 

段ボールはできる限り小分けにし、1人1個での搬出が可能にしておくと、搬出がスムーズに完了できます。

 

引越し費用を抑えるためには梱包資材の費用も侮れません。

 

スーパーやホームセンターで不要となった段ボールを無料で配布している場合もあります。段ボールは梱包に使用する分だけでなく、荷物を搬出する際の養生や運搬用トラック内での隙間うめにも活用しますので、余分の確保しておきましょう。

 

スーパーなどで無料の段ボールが手にはいらない場合、ネットでの購入でおすすめは、「広告入り段ボール」です。

 

この段ボールは、主にネット通販業者が梱包用に購入するケースが多くみられますが、もちろん個人での購入も可能です。企業の広告が段ボールに記載されている代わりに、価格が相場の半額以下と驚くほど安く手に入るのです。

 

引越しのための一時的な使用ですから、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。

 

 

誰でもわかる事が大事

 

梱包を済ませた段ボールにはすべて、新居での搬入先を大きく記載しておきましょう。

 

搬入の都度、置き場を確認しなければならないとなると作業ははかどらないうえに、返事の仕方一つで相手の気分を害してしまうこともあるでしょう。

 

誰でも、一見で搬入先の部屋や置き場所が分かれば、お互いに気持ちよく作業を進めることができます。

 

 

まとめ

 

引越しは何かと出費がかさむものです。大型連休や年末年始などに友人の手を借りて済ませることができれば大助かりでしょう。

 

遠方への引越しや地元へのUターン引越しなどの場合には、荷物の積み込みだけを業者に依頼し、現地での積み下ろしは友人にという段取りもコストを抑えることができる裏技です。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト