引っ越しのここがわからない

車にバイクに自転車。引越し先まで運転が無理な場合は?

日用品は段ボール梱包で済ませたものの、車やバイク、自転車はどうしたらいいのでしょうか?

 

もちろん車であれば自分で運転してゆくほうが便利な上に、費用も抑える事ができます。しかし、不慣れな場所までの運転は不安、自力で運転するには遠方過ぎるという場合もあるでしょう。

 

 

車の引越しは

 

車の引越しは、一般的な引越し業者では輸送を依頼できないので、専門業者へ依頼する必要があります。
(オプションで車の引越しができる引越し業者もあります)

 

現地までのドライバーが運転し、帰りは電車で帰宅するというスタイルの会社、専用の大型車両に乗せ運搬する会社、サービス内容も料金も様々ですので、いくつか見積もりを取っておくとよいでしょう。費用はもちろん自分で運転する場合に比べ、数倍はかかりますのでその点もよく考慮する必要があるようです。

 

また現在の住まいで駐車場を契約している場合には解約手続きを忘れずに行いましょう。駐車場の契約時にも敷金を預けている場合が関東ではよくみられます。駐車場の場合、原状復帰費用というよりも、賃料の遅延が生じた際の保証金という位置づけのようです。解約時には敷金が返金されますので、受領方法、返金期日をしっかりと確認しておきましょう。

 

新居まで移動完了した車は、免許証の住所変更、ナンバー変更の手続きが必要となります。市役所などでの住民票の手続きとは管轄が異なりますので、忘れずに手続きを済ませておきましょう。

 

バイクの引越しは

 

バイクの引越しは、サイズによっては引越し料金に追加費用を支払うことで、トラックに積み込む現地まで運んでもらえる場合、一切引き受けない場合、大きすぎてトラックに乗らない場合等様々です。

 

見積もりの時点で、必ず確認をしましょう。もし見積もりの価格交渉をする場合には、バイクの費用も含め検討するとよいでしょう。バイクの輸送を専門とする業者も多数ありますので、価格やサービスを比較検討の上、希望に近い会社を選びましょう。

 

 

自転車の引越しは

 

ファミリー世帯の場合、自転車だけも2,3台ある場合もあるでしょう。自転車の輸送費用は一般的には引越し費用の中で別料金扱いです。自転車をトラックにのせ、一緒に運ぶ場合、1台あたりで追加料金が発生します。台数が多い場合は、トラックのサイズがワンサイズ大きくなり、引越し費用が大幅にアップしてしまうことも。

 

自転車の引越しは、買い替えのタイミングかどうかを考えてみましょう。買い替えの場合、処分したうえで新居で新車の購入もいいでしょう。
子供用の自転車や三輪車の場合、引越し荷物としてトラックに乗せるよりも、宅急便で発送した方が安価にすむ場合もあります。どちらの場合も想定して見積もりをとってみましょう。

 

処分する場合は、廃棄物として処分する方法もありますが、地域の掲示板、SNSなどを上手に活用して、譲渡するという方法もおすすめです。送料がかかってしまううえに、梱包も一苦労ですから、直接引き取り可能な方への譲渡がよいでしょう。この方法であれば、譲渡費用を新車の購入費用に充当できるので無駄なく処分が出来ます。

 

 

まとめ

 

車、バイク、自転車と日常生活では必需品ですが、いざ引越しとなると、輸送をどうしたらいいの?と迷う事でしょう。いまは色々な専門サービス会社があり、ネットで簡単に見積もりや相談が出来ますから、引越しが決まったら、早々に取り掛かるとよいでしょう。

 

またSNSの活用で無駄なく不用品を処分する、必要とする人に使ってもらうという方法もぜひ有効に活用してゆきましょう。まだまだ使えるもの、他の人なら有効に役立ててもらえるものというのが、引越しをする中で見つかり、そのようなものは実はたくさんあるものですから。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト