引っ越しのここがわからない

洋服・靴は専用ケースをレンタル、布団は専用ケースは必要ない

引越しの梱包作業は本当に面倒です。

 

服をしまって、靴をしまって、台所を片付けて・・・

 

「てか、どこから手をつけていいのかわからない・・・」

 

みたい状態になりがちです。

 

でも、洋服、靴、布団が後回しでいい!!!ってなると一気に引越しの梱包が楽になります。

 

引越しは梱包の専用ケースを使うとメチャクチャ楽になります。

 

 


ハンガーケースは、今や当たり前

 

一時期、大手引越し業者が、ハンガーケースを無料で貸し出しますとTVでCMを行い話題になりました。

 

一見当たり前に思えるサービスですが、それまでの引越しはすべて段ボールに畳み洋服を梱包しなければなりませんでしたので、引越し業界全体で見ても、画期的なサービスといえるものでした。

 

ですが、今となってはこのサービスもごく当たり前です。大手でなくても大抵の引越し業者は備品として保有しています。

 

ですが、数に限りがある上に、繁忙期ともなると事前の予約が必要になるでしょう。見積もりの時点で、ハンガーケースを希望している旨を伝えておきましょう。

 

ハンガーケースに入れる分の洋服は、当日業者が荷物の搬出をしている最中に、ケースに移せばよいので、事前に準備も不要です。

 

「引越し業者の専用ケースへの収納は本当に楽」

 

です。

 

また、ハンガーケース内には入れる衣類は、スーツなどの型崩れが心配な洋服だけでなく、新居ですぐに利用する部屋着や翌日の着替えなどもすべてハンガーにかけ、同梱してしまいましょう。

 

 

靴も専用ケースをレンタルしよう

 

意外にも面倒なのが靴の梱包です。サイズもバラバラな上に、汚れがついてしまうことも気になるでしょう。

 

靴もハンガーケース同様に、専用のケースを保有している業者が増えています。ハンガーケースと合わせて、見積もりの時点で相談をしておきましょう。

 

靴の専用ケースは取扱がないところもあります。服のハンガーケースに比べたら数が少ないので、取扱があっても「他の引越しに貸し出していまっていて在庫がない」というケースもあると思います。

 

靴の専用ケースがあると靴の梱包が劇的に楽です。

なので、もし靴の専用ケースがある場合は迷わずレンタルしましょう。

 

布団はそのままで搬出できるので専用ケースは必要ない

 

引越しの梱包のときにどう取り扱えばいいのかを迷うのが布団です。引っ越す直前まで、布団は使用しているので梱包するのがどうしてもギリギリになります。

 

そして、布団を梱包しようと思うとどうしてもかさばります・・・。

 

でも、布団を運ぶために圧縮袋や布団専用ケースを購入する必要はありません。

 

「ふとんは圧縮せずにそのままの状態で搬出可能です。」

 

ひもで縛る等も不要で、搬出の際に、かさばる場合は、業者側がひもで縛る等も申し出をしてくれます。

 

布団ケースは、新居への引越し完了後には、用途がなく結局無駄になってしまうNO.1です。少しでも節約するために、気を付けたいポイントです。

 

もし、不要になったシーツなどがあれば、汚れ防止のために、上にかけておいてもいいでしょう。

 

 

まとめ

 

引越しにおいて、梱包は本当に面倒です。いざ梱包作業をしようと思ってもどこから手をつけたらいいのかわからない・・・ということもメチャクチャあります。

 

洋服・靴・布団は後回しでいい!となると一気に引越しの梱包作業が進みませんか?梱包を進めていくイメージが沸きやすいと思います。

 

さらに、梱包もそうですが、開梱の方が面倒だったりします。専用ケースは開梱も出してそのまま収納ができてしますので楽です。

 

専用ケースがあるかないかは積極的に引越し業者へ相談してみるとよいでしょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト