引っ越しのここがわからない

引越しで荷物が積み切らなかった場合の「積みきり」というのを知っておかないとトラブルの可能性あり

引越しの見積もりを事前に済ませているものの、いざ当日になって荷物がトラックに積みきれませんでしたと言われてしまうことがあります。引っ越す側としては想定外で、

 

「残された荷物をではどうすればいいの?」

 

と戸惑ってしまうでしょう。

 

実は、これは「積みきり」という引越し作業において、当たり前に行われていることなのです。積みきりが発生すると面倒です。なので積みきりが発生した場合の対処方法をアタマに入れておくのはとても大事なことですので紹介します。

 


 

 

積みきりとは?

 

積みきりとは、引越しの際にトラックに乗る分だけで引越し作業をするということです。

 

見積書を一度よく読んでみると小さく書かれているのですが、「契約した車両に積載可能な」という意味の表記があります。もし見積もりの時点で、2t車で契約をしている場合、支払った予算に含まれる作業は、2t車で積載可能な荷物の運搬という意味です。

 

引越しを依頼する側からすると引越しのプロが見積もりをしてトラックを段取りするのでお任せ気分でいると思います。2tトラックはその積載量が相当なものだとつい想像してしまいますが、2人暮らしの家であれば、荷物が積み切らない場合もあります。

 

1人暮らしではトラックにスペースが余り、2人分では足りない程度だったりします。2人でも荷物が多ければ2tトラックではギリギリ乗らない……なんて自体もあったりします。

 

ですから、もし2人暮らしで自転車が2台あるというような場合には「積み残しが発生するかも」と考えておいたほうが安全です。

 

 

依頼した方は当然、全部の荷物を運んでくれるものと思っている

 

そこで、積み残しが発生した場合にこの積み切りのトラブルが生じてくるのです。

 

引越しを依頼する方としてはお金を出してプロに頼んでいるので、当然すべての荷物を運んでくれると思っています。(まぁ当然です)

 

引越し業者側は、見積書にある通り、契約した車両で積載可能な荷物の運搬を持って作業完了と認識します。

 

この認識の違いはトラブルの元です。

 

 

当日、積み切りが発生した場合には?

 

ありがちな問題は、「最後に自転車が残ってしまった」とか「最後にエアコン本体が残ってしまった」という大型サイズの荷物の積み残しです。

 

小さな荷物であれば、わずかなスペースを活用し積載可能ですが、大きな荷物特に自転車などは、想像以上に場所をとり積み残されがちです。

 

ですが、ここで、引越し業者の言う通りに、自転車を積み残し荷物として受け取ってはいけません。

 

自転車を個別で運搬するには、タクシーやレンタカーでは割高になる上に、宅急便の場合、集荷を手配し、梱包を済ませなければなりませんから、それだけで半日を要してしまう場合もあります。

 

荷物の搬出完了と共に、新居へ出発を考えている場合には、スケジュールに大幅なずれが生じてしまいます。

 

このような場合、引越し業者にとっては非常に手間ですが再度、積載荷物を積みなおす様に依頼しましょう。段ボール梱包されている荷物を積み残しとし、自転車をトラックに積むのです。

 

段ボール梱包されている荷物であれば、最寄りのコンビニから手軽に発送もできる上に、近距離であればタクシーでの運搬も可能でしょう。

 

「積み残しが発生する場合は段ボール梱包されたものにすることが大切」です。

 

このように、もし荷物の積み残しが生じてしまった場合は、残されてもいいもの、困るものをしっかりと伝え、対応を依頼しましょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト