引っ越しのここがわからない

ゴミ屋敷の引越しはまずは不要品を処分することが基本

「ごみ屋敷」

 

今やテレビなどでもたびたび取り上げられる話題ですが、部屋をかなり散らかしてしまい、片付けられないまま生活をしているケースが急増しています。

 

足の踏み場もないようなゴミ屋敷というはかなりのはかなりのレアケースでしょうが、「ゴミ屋敷に近いレベルの部屋」というには珍しくないです。

 

自分の家がゴミ屋敷レベルだと感じる場合、部屋の引越しは何から手を付けたらいいのか紹介します。

 

 

引越し業者よりも先に、不用品回収業者

 

引越し作業の現場では、引越し当日に訪問をしたところ、まったく梱包が終わっていない上に、部屋の中の物品の散乱が・・・というケースも少なくはありません。

 

このような場合、引越し作業を延期するか、場合によっては引越し作業員に手伝ってもらいつつ梱包を済ませ順次運び出す方法もあります。
ですが、この場合、作業員の作業時間が大幅に増えてしまうので、追加料金の発生も必須です。かなりの金額のロスになります。

 

 

「た・高い……。」

 

ゴミ屋敷の引越しはとにかくお金がかかります。

 

引越しの見積もりを依頼する前に、「不用品回収業者」「中古品買い取り業者」を依頼しましょう。部屋の中にあるもので、買い取り可能なもの、価値あるものを優先してピックアップし、その後、不用品を処分します。

 

不要品の処分は思ったよりお金がでていきます。なので、不要品の処分と中古品買取を組合わせないとお金の心配はヤバイことになります。

 

部屋の中に、新居へもってゆくべきものだけが残された時点で、引越し業者を呼ぶのです。このタイミングであれば、不用品までも併せて見積もってしまうことがないので、適正な費用での見積もりを作ってもらえることでしょう。

 

 

ゴミ屋敷レベルの場合はお任せパックはダメ

 

ゴミ屋敷レベルをお任せパックで頼んでしまうと、とんでもない金額になります。お金のタメにも心機一転のタメにも、新居での片付けは自身で行いましょう。

 

「引越し業者のお任せパックを使えばいい」

 

と安易に構えている人も多いのがゴミ屋敷レベルの部屋の住人に多い考え方ですが、上でも書きましたが、ゴミ屋敷レベルの引越しは不要品の処分が終わってからです。引越し業者のお任せパックは不要品の処分ではなくて、「梱包作業」が主な作業になります。

 

なので、「お任せパックを頼めばすべて解決」という考えは捨ててください。

 

 

ゴミ屋敷レベルの引越しはまずは玄関から

 

テレビに出るレベルのゴミ屋敷ではなくても、それなりにゴミ屋敷であれば、玄関から処分をしていくことをオススメします。

 

ゴミ屋敷レベルの引越しでは「とにかく処分」がポイントです。玄関がきれいにならなと、人ってテンションがあがりません。もし、回収業者をいれる場合も玄関からやってもらってください。

 

普通の引越しでは奥の部屋からやっていくのがポイントなのですがゴミ屋敷レベルの家は玄関からが鉄則です。玄関が片付くと部屋の空気感が変わります。風が通るのがわかりますし、空気が変わったことが実感できます。

 

玄関が片付けば外に出ることができるし、一時的に荷物を外に出すこともできます。玄関を片付けると作業効率がメチャクチャ上がります。

 

「ゴミ屋敷レベルの基本は玄関から片付ける」です。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト