引っ越しのここがわからない

【新居探し】間取り図の見方は?どれも同じに見えてしまうときには。

不動産屋で要望を伝えると、候補として要望にあった物件を提案されるときに提示される「間取り図」。何枚も目を通しているものの、どれも同じように思えてしまって、なかなか候補を絞り切れない・・・なんてことはありませんか?

 

間取り図を見るときのポイントは?自分のこだわりポイントをまずはリストアップしておこう

 

結婚したての女性にとって一番気になるポイントといえば、「キッチン」ではないでしょうか?

 

キッチンはカウンター式がいい、アイランドキッチンがいい、個室独立型がいい、これだけでも大きなポイントでしょう。

 

間取り図から、この点は事前に確認できますから、それだけでもだいぶ候補を絞ることができるのではないでしょうか?

 

次に、大きなポイントは「浴室・洗面」の配置です。

 

マンションの場合、浴室への導線を想像してみましょう。玄関を入ってすぐ浴室がある場合、廊下の途中に配置されている場合、中には、浴室までの導線にリビングがあることもあるでしょう。

 

戸建ての場合も同様で、浴室の配置は重要といえます。最近の傾向として、1階に寝室と浴室、2階にリビングというレイアウトの物件も増えていますから、自分たちの生活スタイルをよく考え、日常の導線に不便がないかが決め手となるでしょう。

 

これらのポイントを事前にしっかりと確認できているだけでも、物件の候補探しはだいぶスムーズに進むことでしょう。

 

優先順位が決まれば、必要な部屋数も見えてくるはずです。

 

我が家は何部屋必要かを考えてみましょう。部屋の数は多いほどよいとされていたのは、一昔の話です。今は、それぞれのライフスタイルに合わせたレイアウトであるかどうかが重要とされています。

 

具体的には、在宅で仕事をする場合には、リビングや寝室の必須となる部屋以外にも専用の仕事スペースが必要になるでしょう。将来、子供部屋を作ることもあるでしょう。

 

夫婦それぞれに小さくても専用の趣味のスペースを持ちたい場合もあるでしょうし、家事を効率よくこなすためにも衣服の収納は1部屋にと考える方法もあります。

 

将来のライフスタイルや家事について、夫婦で相談をしてみると、必要な部屋数はもちろんのこと、部屋の配置、導線などもクリアにみえてくることでしょう。

 

候補が決まれば、足を運んでみてみましょう。

 

ネットや画像データだけでなく、足を運び確かめてみましょう。気になる物件があれば、どんどん積極的に足を運んで見学にゆきましょう。この見学はもちろん無料ですから、遠慮することなく行いましょう。

 

不動産屋によっては、担当者が一緒に現地へ行き案内をしてくれる場合もあれば、鍵と地図を渡され自分たちで現地まで足を運ぶ場合もあります。どちらも一般的によくあることですから、驚かずにいてください。

 

内見の時にはチェックリスト持参がおすすめです。

 

まだ家具もなく、生活感のない部屋というのはとても広く感じることでしょう。内見の際には部屋の広さはもちろん確認項目ですがそのほかにも、確認をしておいてほしい箇所がいくつかあります。自分で採点をしてみましょう。

 

@キッチンの高さの確認を

女性にとって、毎日使用するキッチンの調理台の高さはとても重要なものです。
自分の身長と合わせ、高すぎないか、低すぎないか、新築分譲の場合、購入前にキッチン部分の交換が可能かどうかも確認をしましょう。

 

A日当たりだけでなく、空気の通り道も確認を

日中の日当たりは「良好」という表現がよく使用されますが、良好の捉え方は個人差があり、明確な基準もありませんから自身で足を運び確認をしましょう。

 

このとき、合わせて浴室の換気も併せて確認をしておくとよいでしょう。浴室のカビの原因は換気不足と言われています。浴室の換気のための空気の通り道が確保されているか、ない場合には大型の換気扇が設置されているかをチェックしておきましょう。

 

B夜間にも足を運んでみましょう。

どうして夜間もと思われることでしょう。
夜間に足を運ぶ理由は、帰宅時の道の街灯の確認や近隣の騒音を確認するためです。

 

日中は気にならなくても、夜間になると近隣道路の車の騒音がとても大きく響く場合などもあるからです。

 

まとめ

 

ここまで進むと、具体的な候補となる物件も絞り切れてきていることでしょう。

 

これから始まる新しい生活に向けて、新居が決まれば次は、インテリア選びという楽しいイベントが待っています。お互いの趣味やライフスタイルを尊重しつつ、新しい生活の準備を進めてゆきましょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト