引っ越しのここがわからない

新居が決まったら、「お買い物」へ。何から選べばいいの?

新居におくインテリア選び、家具家電選びと大変なようで、一番楽しいイベントでしょう。
最近は、実際の部屋をイメージしたレイアウト風に作られたインテリアショップも多々あるので、二人で足を運んでみると楽しい時間になることでしょう。

 

家電の寿命は平均10年です。10年先を考えて選んでおこう

 

新居に入居後すぐに必要になるものといえば、家電でしょう。

 

新居で使う家電一式を選ぶとなると、何を選べばいいか迷うものです。

 

家電の寿命は平均し約10年と言われています。家族で使う家電は10年後の買い替えをめどにサイズを選ぶとよいでしょう。具体的には、洗濯機、冷蔵庫、炊飯器などです。

 

10年の間に子供が生まれたり、両親と同居を始めたりと家族の人数が増えることを見越して選ぶと、途中で買い替える必要がなく済むものです。

 

忘れがちな照明器具

この笑い話のような失敗例はとてもよく耳にする話題ですが、新居に入居したものの、照明器具を購入し忘れていたというものです。

 

新築分譲の場合はもちろん、賃貸の場合でも照明器具は備え付けられていない場合が多々あります。入居前に必ず照明器具の必要個数、サイズを確認し、入居の際には真っ先に取り付けましょう。

 

引越しを片付けに追われているうちに、気が付けば夕方になっていたなんてこともよくありがちです。部屋の中が薄暗くなる前に、照明器具の取り付けを終わらせておきましょう。

 

入居にあたって、電気の開通手続きが必要になる場合もあります。必ず入居前に電力会社へ連絡をし、事前の工事の有無、開通手続きの方法を確認しておくことも忘れずに。

 

カーテンサイズは内見時に確認をしておくとスムーズ

 

オーダーカーテンは早めに注文をしておきましょう。

 

以外にもみなさん勘違いしがちなポイントは、カーテンサイズが共通だと考えてしまっている点でしょう。

 

窓のサイズは物件によって大きなバラツキがあります。同じ物件内でも部屋によってカーテンのサイズが異なることもよくあるものです。

 

最近の物件は、窓を極力大きくとる傾向があり、市販されているカーテンのサイズでは合わず、オーダーサイズでカーテンを手配する必要があるものも多くみられます。

 

ですから、物件が決まった際には、現地で事前に窓のサイズを測ること、カーテンレールの形状の確認をしておきましょう。

 

オーダーカーテンはデザイン等によっては、納品までに数週間かかる場合もありがちです。

 

毎日目にするカーテンですから、部屋の雰囲気を損なわないためにも、事前に確認、手配をして、入居までに間に合うようにしていものです。

 

 

大きな家具から選びましょう

 

家具選びのポイントは、サイズの大きなものから優先して選ぶとスムーズです。

 

ベッド、ダイニングテーブルが新居の中でもとりわけ大きくスペースを必要とすることでしょうから、これらから優先して選びましょう。

 

ソファやチェア、ディスプレイラックなどは、大きな家具の空きスペースに置かれますから、あとから時間をかけてじっくりと選ぶのもよいでしょう。

 

また大きな家具はデザイン優先で選んでしまうと、搬入時に通路を通れない、ドアから搬入できないというトラブルもありがちです。組み立て式かどうか、搬入にはどのくらいのスペースが必要かも購入時に確認をしておくことを忘れずに。

 

 

まとめ

 

家電に大物家具は決まれば、あとは納品を待つだけです。新居のイメージがより具体的になっていることでしょう。

 

あとは、引越し当日までの諸手続きを終えれば完了です。新居への入居まであと一息です。

 

新居に飾るインテリアなどの小物も何かと目にとまることでしょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト