引っ越しのここがわからない

【引越し】敷金不要は本当にお得なの?敷金不要の意味を理解しておこう

新居探しの中で、ときどき見かける「敷金不要」物件。契約時の費用を大幅に抑えることが一番の魅力ですが、この契約本当にお得?それとも敷金は入居時先払いのほうがいいの?

 

 

どうして敷金が不要なの?

 

引越しといえば敷金の負担が気になってなかなか決断できないこともあるでしょう。

 

物件を探しているときに、敷金不要と言われれば、誰もがうれしく思うものです。

 

でも「敷金不要」の本当の意味を契約前にしっかりと理解しておかないと、退去時にトラブルになってしまうこともありますので、ご注意を。

 

敷金不要とは、しっかりと契約書を読むと

 

 

@ 入居時敷金支払い不要
A 敷金一括払い不要
B 別途退去清算金あり
C 預り金あり

 

 

 

 

という記載がされている場合があります。

 

この場合、@Bの意味はほぼ同一です。

 

入居契約時には、敷金の支払いはありませんが、退去時に原状回復費用の精算があるということです。退去時に管理会社立ち合いのもと、部屋の修繕、清掃箇所の確認を行い、その分の費用を支払い終えることで退去手続きが完了となりなります。

 

しかし、退去するということは、次の引越しのための出費があるということです、退去時に精算があることをしっかりと覚えておきましょう。

 

退去時の精算であっても、原状回復費用における経年劣化への費用は法律で認められていません。入居契約時にしっかりと退去時の精算内容を確認しておきましょう。

 

契約書に明確な記載がない場合はその場で加筆し、契約会社の社印の押印を求めておくのも安全策です。

 

Aの方法は最近多くみられるものです。特に学生向けの賃貸に多くみられる傾向があります。

 

この方法は、本来入居時に支払うべき敷金を分割にし、月々の賃料に上乗せして支払うという方法です。

 

つまり敷金の分割支払いが生じている期間は賃料がその分高額になりますが、入居時の費用を抑えることができるので、負担を軽減した引越しができるということです。

 

もし、敷金の分割支払い期間中に部屋の退去をする場合には、分轄残金を一括で精算し、そのうえで原状回復費の精算となります。

 

この場合の注意点として、月々の分割額を事前に確認しておくことです。
また分割の方法は契約会社によって、利息が生じる場合とそうでない場合もあります。

 

分割途中での繰り上げ返済も業者により可否がありますので、事前の確認が必要です。

 

?の方法は、記載が異なるだけであって、一般的な敷金支払いと同じ手法です。

 

ですが、通常は敷金の支払先が大家であったり、仲介業者であることが多いのですが、この場合、入居後の物件の管理を別の管理専門会社へ委託している場合が多くみられます。

 

大家に代わり、管理専門会社が物件の清掃、入居者同士のトラブル等の管理を引きうけ、退去時の精算も引き受けるので、このように記載を「敷金」ではなく「保証金」としているのです。

 

この場合も通常の敷金同様に退去時に精算がありますが、保証料や手数料等の別途費用が生じる場合がありますので、入居契約の際に必ず確認をしておきましょう。

 

併せて、支払先の会社名、その会社の業務内容、入居中のトラブルの際の連絡先もしっかりと確認が必要です。

 

まとめ

不動産という大きな契約の場面では、いくつもの書類の記入や細かい契約条項につい、聞き逃し、確認漏れが生じがちです。

 

でも一番肝心なことは、一度支払った費用を返金してもらうのはとても困難ということです。費用の支払いは契約書の締結完了後です。

 

支払いを終え、自宅で契約書を読み返してみたら、気になる点があってとなっても、まずそのことで返金という流れにはならないものですから。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト