引っ越しのここがわからない

【引越し】修理は入居者?それとも物件の所有者?物件に不具合は当たり前。

支払う前に交渉を。内見はしたものの、いざ引越し作業の途中で、物件に不具合があったことに気が付くこともあります。

 

では、契約後の物件不具合はすべて入居者が負担するべきなのでしょうか?

 

 

入居前の不具合は?

 

引越しにおいてありがちなトラブルは、入居まえからあった不具合、傷の申し出をおこたったことから生じます。

 

そうすることで退去精算の際に、じつは入居の時点ですでにあった不具合であったにもかかわらず修繕費用の負担を求められてしまうということです。

 

中でも、もっとも多いものは壁や床の傷です。小さなものであれば経年劣化としての対応も可能ですが、大きく凹んでいる場合には張替が生じ高額な請求になることもあります。

 

入居の際には、引越し荷物を運びこむ前に、壁や床に傷がないか、物件ないに不具合や故障箇所がないかをしっかりと確認し、もし気になる箇所があれば写真の撮影と管理業者への書面での連絡を忘れずにおきましょう。

 

もし入居までに日数の余裕があれば、修繕を完了したうえで入居できるように交渉をするのもトラブル防止の観点からおすすめです。

 

 

備え付けのエアコンの故障はどうしたらいい?

 

物件の中には、すでにエアコンが設置されている場合もあります。この場合も季節を問わず、入居前に冷房、暖房ともに稼働テストを行いましょう。室外機から異音がしないかの確認も併せて行いましょう。

 

もちろんリモコンの有無も重要です。本体はあるものの、リモコンがないということもよくあるトラブルです。入居開始後では、もともとリモコンがなかったという証明が難しく、紛失扱いとなり自己負担での購入を求められる場合がありますので。

 

ありがちな失敗として、備え付けだからと故障や不具合が生じたときに、自己負担で修理を行う入居者が多くみられます。しかし、この備え付け設備も契約時の必須確認事項です。

 

もし、このエアコンを大家が設置していた場合、不具合による修理、交換は大家の負担となります。故障の際には、大家に連絡をし、修繕の手配を依頼しましょう。

 

しかし、このエアコンが前入居者のものであり、退去の際に取り外さずにそのまま置いていってしまったものである場合、故障時の修理、交換費用をどちらが負担するのかしっかりと確認をしておきましょう。

 

もし、大家側が故障時の修理、交換を新入居者へ負担を求めるのであれば、退去時には、そのエアコンを運び出してもいいのかという問題も生じますので、契約前にしっかりと書面で内容を残しておく必要があるといえます。

 

 

トイレやお風呂の故障はどうしたらいい?

 

入居している中で、トイレや浴室の水回りの故障もよくあるケースです。水漏れはもちろんのこと、排水のつまり、ホースの故障、換気扇の故障等あることでしょう。

 

この場合、一般的には消耗品以外は、物件所有者である大家が修繕費を負担することになります。消耗品とは、電球や電池などを意味します。

 

消耗品以外の設備に関する故障やトラブルが生じた際には必ず修理を手配したり、自身で修繕を試みる前に写真の撮影をし、大家へ報告と修理の依頼をしましょう。

 

またもし、入居の時点で不具合に気づき、生活をするうえで不便を感じるようであれば、現状のままで入居をする代わりに賃料引き下げ、修繕完了後の入居、修繕期間中の賃料発生の延期等の交渉をしておきましょう。

 

まとめ

 

引越しの当日は何かと忙しく、現地到着後すぐに荷物の搬入を始めてしまいがちですが、入居前の不具合の確認作業はほんの数分で完了するものです。荷物を運び入れる前に、カメラを用意し忘れずに行いましょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト