引っ越しのここがわからない

引越しの時に購入する家具や家電が大きすぎて、搬入できない場合が以外と多いって知ってる?

引越しで新居用に家具や家電を購入する場合、部屋の間取りだけを考えて搬入、搬出に関して考えていないことはありませんか?

 

「家具を買ったはいいけど家に入らない・・・」

 

笑い話のような話が、実は引越しの現場ではよく起こっています。

 

 

 

階段のある物件は要注意

 

最近人気のメゾネット型の物件、室内に階段があり、上下2フロアを利用できるようになっていて、戸建てのように使えるのでファミリーには人気のモデルです。

 

シングル用の物件でも、屋外から玄関の出入りが直接見えないように、集合エントランスを入ってから中階段で各部屋へつながるモデルも増えています。

 

このように、階段が設置してある物件の場合、中には、敷地面積の都合から階段が一般的な規定よりも狭く設計されている場合が非常に多くみられます。階段の歩幅も狭い上に、踊り場が非常に狭いので、大型の家具や家電の搬入が物理的に不可能になってしまうのです。

 

階段付きの物件を契約した場合には、大型家電の搬入に際して、引越しの見積もり時に業者に現物の家具家電を計測してもらい搬入可能かどうかを確認しましょう。もし、搬入が無理な場合は、引越し前に処分をし、引越し荷物を減らす必要があります・・・。

 

新たに家具家電を購入する場合には、事前に玄関扉の幅、階段の歩幅、踊り場のサイズをメモしたうえで、購入前に搬入に関して店側に確認をしたほうがいいです。

 

この際に必ず担当者の名刺をもらい、搬入が完了するまで保管しましょう。万が一、搬入が不可能だった場合、返品や引き取りの交渉をしなくてはならないからです。

 

大家の許可があれば、窓から搬入も可能

 

玄関や階段からの搬入が困難な場合でも、大家の許可があれば、窓からの搬入という手段も可能です。

 

しかし、この場合、1階であっても必ず事前に許可を得るようにしておきましょう。中には、窓からの搬入を禁止している場合もあるからです。

 

2階の場合、別途費用を負担することで、クレーン車を手配し搬入する方法もあります。が、当日の対処は難しいうえに、クレーン車の手配費用を計算すると、場合によっては、一旦返品し、再度別の製品の購入の方が安価に済む場合もあるので、しっかりと確認をしましょう。

 

まとめ

 

新居の家具、家電選びは、引越しの仲でも一番楽しいイベントです。

 

間取りに合わせて家具家電の配置を考え、納品の段取りをするのは本当に楽しいものです。ですが、どのような製品であっても、まずは搬入が必要になるので、しっかりとサイズの確認をしておきましょう。

 

本当に、ビックリするくらい購入した家具が家に入らないというトラブルは多いです。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト