引っ越しのここがわからない

【アリさんマークの引越社】妻との引越しの日程を合わせる事ができず引越し料金を2人分払う

アリさんマークの引越社で引越し

 

私たちの新婚時の引越は互いに一人暮らしで5月頃で関東隣県からの引越でした。引越の物量はお互いにワンルーム、一人暮らしするのに必要な最低限の家具程度で2トントラック半分程度という所でしょうか。

 

利用した引越会社はアリさんマークの引越社さん。

 

同日にお互いの家を回るプランを最初イメージしていましたが、旧居の契約の関係で自分と妻の日程を調整できず、お互いに料金を払う形になりました。隣県でしたが各々4万円程度支払った形になります。

 

不要になった家電品処分を引越し業者がやってくれて非常に助かる

 

引越の際はそれぞれが持っていた家具をどう処分するかが問題になりました。テーブルのような室内調度はまだ良かったですが、冷蔵庫や洗濯機など大型の家具は2台持っておく訳にもいかず色々試案しました。

 

引越業者さんで不要な家具を引き取ってくれるサービスがあることを知り、利用。結果としてお互いの家具で高機能な方、購入が新しい方で線引きし不要なものは引き取って頂く事にしました。一人暮らし同士の同居では非常に便利な方法で利用するのが良いです。

 

引越業者さんは基本的に親切で、仕事もテキパキこなして頂いたので満足のいくものでした。

 

2人分の引越し料金を払う事になったのは残念

 

ただ隣県の引越の割には費用が高くついてしまった事が残念ではあります。もう少しお互いのすり合わせが出来れば、費用削減にもなったかと思うと悔やんでなりません。

 

初めての引越しだったので段取りなどをもう少し調べてからおこなっていたら無駄な費用を払う必要もなかったと思います。情報収集の大事さをを痛感しました・・・・・。

 

初めての同居ではありましたが引越に関してはスムーズに進められて業者さんにも満足でしたし良かったと思っています。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト