引っ越しのここがわからない

引越しの荷造りとか梱包とかの事をまとめてみた

荷造りの基本は梱包作業といらないモノを捨てる作業を同時にする

 

荷造りの基本

 

引越しの中で一番面倒と言っても言い過ぎではないのが荷造りです。

 

食器や小物などを段ボールに詰めていく・・・・・・。
もう面倒で面倒で途中でイヤになって時間だけがすぎていく人が続出します。

 

この荷造りが終われば後は引越し業者に運んでもらうだけなのですが、なかなかスムーズにはいきません。

 

多くの引越し経験者が口を揃えて言うのが

 

「いらないモノを捨てて荷物を少なくした分引越し代金が安くなった。」

 

というものです。
引越し代金は荷物量によって金額が変化します。
なので荷物が減れば当然、引越し代金も安くなります。

 

なので荷造りはいらないモノを捨てる作業と梱包作業を同時にやっていくのがコツになります。

 

 

必要ないもので売れるものは売る!

 

荷造りは捨てる作業と梱包していく作業を動じにするのがスムーズに進むコツですが、いらないモノで売れるモノは売ってしまいましょう。

 

新婚時の引越しは何かとお金が必要な時期です。

 

不必要なモノが売れてお金に変わるのであれば引越し代金に充てることができます。
事実、多くの新婚さんは引越し時に不要になったものを売ってしまします。

 


(出張査定の買取プレミアム)

 

こちらであれば全国対応で出張もしてくれます。
面倒な仕分けも必要ないですし、女性の査定員もいるので女性の方も安心です。

 

荷造りをするときは・・・・

 

荷造りをする際の簡単な基本(コツ)みたいなものを9個ほど抜粋してみました。

 

  • 来客用のモノやシーズンオフのモノから梱包していく。
  •  

  • 段ボールの中に入れたモノが動かないように隙間に新聞紙を詰め込む。
  •  

  • 重いモノを下に詰め、軽いモノは上に詰める。
  •  

  • 重いモノは小さな段ボールに詰め、軽いモノは大きな段ボールに詰める。
  •  

  • 段ボールにモノを詰める時は1人で持てるレベルの重量にする。
  •  

  • 段ボールには何を詰めたのかマジックで書いておく。
  •  

  • 段ボール以外のモノはテープの接着剤が残らないように布テープを使用する。
  •  

  • 風呂用品や食器など新居ですぐに使うモノ用の段ボールを用意。
  •  

  • 冷蔵庫や食器棚などの大きなモノは業者に任せる。
  •  

    上記の基本(コツ)に沿って荷造りしていけば結構、トラブルなく荷造りができていきます。
    後は、梱包していくだけです。

     

     

    荷造りで梱包資材が揃ってないとイライラのモトになる

     

    「ガムテープが足りないじゃん・・・・」

     

    実際に荷造りをはじめて梱包をしようとしたときにガムテープが足りないとか梱包用の紐が足りないというのは凄くよくあるパターンです。

     

    梱包資材が足りないとなるとホームセンターやコンビニに買いに走ることになり荷造り作業がストップすることになります。

     

    段ボール、ガムテープくらいしか荷造り前の段階で準備していいない人も大変多く、ほとんどの人が荷造りに手こずります。

     

    段ボールはここが便利

     

     

    食器を新聞に包んだり、洋服をたたみ直したりが時間がかかるということもありますがそれ以上に梱包資材が揃っていなくて思うように荷造りを進める事が出来ずイライラしてしまう人がどれだけ多いか・・・・。

     

    梱包資材として準備しておいたほうがいいものをまとめてみた

     

    普通に生活をしていたら荷造りの際の梱包資材なんてよくわからないですよね?
    なので一覧で梱包資材をまとめてみることにします。

     

    全部が絶対に必要かというとそうでもないので自分の引越しに合わせて準備してください。

     

     

    hikkosi-kagudousuru

     

     

    段ボール、荷造りテープ、荷造り紐はもちろんですが忘れがちなのが新聞や緩衝材と輪ゴムです。
    新聞は食器を包んだりするのにも使いますが段ボールの隙間を埋めるのに使ったりもします。

     

    隙間を埋めることで中のモノが動かないので運搬の際の揺れなどで壊れたりするリスクを減らせます。なので新聞は想像以上に使います。

     

    輪ゴムなどもまとめて文房具をまとめたり箸やナイフ・フォーク等をまとめたりするのに便利です。(新聞にひとまとめでもOK)

     

    色々なモノをゴッソリと1つに出来るので輪ゴムは重宝しますが、ほとんどの人は荷造り前に梱包に必要な材料とは認識していません・・・。

     

    ここなら特殊な段ボールも揃います

     

     

    上の絵のモノを用意して荷造りを始めれば梱包はスムーズにいくこと間違いありません。

     

     

    自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

     

    hikkosi-kagudousuru

     

    テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

     

    最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

     

    >>>引越し侍で見積もりをとってみる

     

     

    スポンサーサイト