引っ越しのここがわからない

仏壇の引越しは引越し業者との打合せが大切

自宅に仏壇がある場合、いざ引越しとなった際にどうすればいいのか困りませんか?

 

「仏壇の引越って……。」

 

みたいな思考停止状態になってしまう人は多いです。作業としては、大抵の引越し業者は引き受け可能です。依頼をすれば、特別対応として梱包も引き受けてくれます。

 

ですが、普通のタンスなどの荷物と同じような扱いをするのも気がひけてしまいますよね。仏壇は特殊荷物という考え方をした方がいいので、仏壇の引越しの際に気をつけることを紹介します。

 

 

仏壇の引越しは

 

仏壇は神仏ですから慣例的には、お世話になっている僧侶を呼び、「抜魂」「入魂」というものを執り行います。そのうえで、梱包、搬出と進みます。
(まぁ、最近は抜魂、入魂をしない人も多いです……。)

 

搬出の際には、事前に引越し業者へ「仏壇がある」ということを伝えてください。仏壇の引越し作業で破損や紛失などのトラブルは精神的に他のトラブルに比べて非常に不快な気分になってしまうので、

 

「仏壇だけは複数の人数で運んでください。」

 

とお願いすることをオススメします。仏壇はすべての荷物の一番最後に搬出をしなければならないという習わしがあります。その際に必ず、家族の誰かが立ち合い、一番最後になるように確認をしましょう。

 

新居では、すべての物品の一番最初に運び入れます。ですが、置き場にこまるでしょうから、必ず家族が立ち合い、どこへ設置するのかを指示しましょう。引越し作業の現場では、ビックリするくらい早いスピードで荷物の搬出搬入をおこないます。なので指示がないと戸惑ってしまいます。

 

 

見積もりの時には事前に申し出を

 

最近では、仏壇が扉が付いていて、一見ではわからないような作りになっている場合やサイズも様々に作られています。

 

ですから、場合によっては見積もりに訪問した引越し業者が仏壇を見落としてしまうことも少なくはありません。ですが、仏壇の搬出、搬入は細心の注意を払わなければならない上に、特殊な固定方法で梱包が必要となるため、通常の料金よりも加算されます。

 

仏壇がある場合には、見積もりの際に、現物を確認してもらい、費用の算出を依頼しましょう。その際に、梱包に関しても相談をするとよいでしょう。

 

 

仏壇の引越しでも紛失等のトラブルはある

 

引越し作業において、荷物の紛失トラブルは残念ながらあります。なので仏壇の装飾品の一部や位牌などの大切なものが無くならないとも限りません。

 

引越しにおいて、貴重品は依頼主本人が管理するように必ず事前に伝えられます。財布や携帯、各種書類などだけでなく、位牌も同様に貴重品と考え、他の荷物と一緒にトラックに載せてしまうのでなく、自身でしっかりと管理をしましょう。

 

たとえ、位牌であっても、一紛失物であることには変わりがありませんので、業者に紛失に対する申し立てを行ってとしても、保障はしてくれても無くしてしまったモノはかえってきません……。位牌などの想い入れのあるものはお金の保障で換えがきくものではないですよね。

 

引越し作業の場で言われる「貴重品」とは、単に金銭的な意味合いだけでなく、買い替えの効かないもの、代わりのないものも意味しているということをしっかりと覚えておきましょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト