引っ越しのここがわからない

引越しって、結局いくらかかるの?気になるお金の内訳は?

結婚、入籍と同時に新居への引越しも考えることでしょう。結婚費用の中でも、意外にかさむのが引越しにかかわる費用です。引越しのためにどのくらいの予算を予定しておけば安心でしょうか?

 

 

不動産屋での費用の内訳は?

 

物件を契約するには「敷金」「礼金」がかかるということを聞いたことがありますか?
聞いたことがあるものの、実際にいくらぐらい?いつ支払うの?と不動産契約の中で一番気になるポイントでしょう。

 

 

関東では

 

敷金は、賃料の2か月分、礼金は1か月分、契約手数料は1か月分とするケース一般的です。ですから、家賃10万円の部屋を希望する場合には、契約時に40万円は最低限かかることになります。

 

物件や業者によっては、入居初月分の賃料を契約時に前払いとすることも。
また最近では契約時に保証人を立てない代わりに、保証会社を利用するので家賃1月分の保証料を預かる場合も増えています。

 

つまり、10万円の物件を希望する場合には、敷金20万円+礼金10万円+初月分賃料10万円+保証料10万円の合計50万円が契約時に必要となるのです。

 

この敷金、礼金の制度は地域によって大きな違いがあります。敷金3か月が相場とする地域や礼金という制度がない地域などです。引越しの際には、事前に相場を確認しておくと安心でしょう。

 

 

支払いのタイミングは?

 

上記の費用の支払いのタイミングは契約時です。上記費用の支払いをもって契約完了となります。

 

一般的には分割払いができず、契約時に一括での支払いとなりますが、大手の不動産チェーンなどでは、クレジットカードでの支払いや、月々の家賃に分割でい上乗せするシステムを導入している会社もあります。この点も契約前にしっかりと確認をしておきましょう。

 

 

退去時に返金されることはあるの?

 

上記費用のうち退去時の精算の返金されるものは、「敷金」です。

 

敷金は全額返金される?

 

敷金は退去時に部屋の修繕にかかる費用を相殺のうえ返金される費用です。

 

この「精算」は要注意ポイントです。法律で、入居中の経年劣化に対する修繕には敷金を充当できないという決まりがあります。

 

ごく一般的な使用方法で部屋を使っていれば、壁紙や床、浴室、キッチンと汚れがついて当たり前です。

 

ですから壁紙の交換費用やキッチン、浴室の重点清掃に敷金を充当できないのです。この経年劣化には、たばこの汚れも該当するとされています。

 

しかし、故意に壁紙を破いた、勝手にリフォームをした場合、室内のドアを故意に破損した等の場合は敷金を修繕費用に充当することが許されています。

 

退去時には写真の撮影と業者の立ち合いを手配しょう

 

引越し荷物の搬出が完了したら、部屋の全体、壁の汚れや破損箇所等写真を撮影しておくとよいでしょう。

 

できれば、契約先の不動産屋や大家に立ち合いを依頼し、部屋の現状確認を一緒に行っておくと安心です。後日敷金の精算明細が届きますから、適切な内容であるか、過剰に充当されていないかを事前に確認しておくとよいでしょう。

 

契約内容には注意を

 

法的に経年劣化に対する修繕費用と鍵の交換費用は不動産屋や大家の負担とするという判例が出て以降、業者側の手法として契約書に退去には「壁紙の交換費用」「鍵の交換費用」「部屋の清掃費用」を入居者負担とすると記載をしている場合があります。

 

契約に同意したのだから、適切な精算だったという主張になるわけです。

 

 

まとめ

 

初めての不動産契約の場合、契約書に書かれた内容は文字が小さく、専門用語の羅列で嫌になってしまうことでしょう。つい業者側の説明を聞き流してしまってはいませんか?

 

でも、不動産にかかわる出費は金額も大きく、不慣れな顧客側に不利になってしまう場合もありますから、しっかりと内容を確認してから、サイン、署名をするようにしましょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト