引っ越しのここがわからない

【Q&A】引越し、結婚式、入籍、何からやった方が効率がいい?

 

 

今は入籍をして結婚式をする人もいれば入籍と結婚式が同時の人もいます。

 

結婚式自体をしない人も全体の50%いると言われています。
なので一概には言えないですが効率だけでいえば引越しと同時に婚姻届を
出せば届出がとても簡単に済みます。

 

新婚生活は楽しいものですが、書類の手続きは自分が思うよりたくさんあり届け出るものも多いです。スムーズに計画的に進めていかないと2度手間、3度手間で役所に何回も足を運ぶことになります。

 

まず初めに行うのが、新居の契約です。
結婚式の半年位前に新居を契約します。片方が実家暮らしであれば、片方だけ先に住み始めてもOKです。気をつけないといけないのは引越しの際の2重家賃です。お金の無駄なので段取りよく契約を決めましょう。

 

家が決まったら電話、電気、水道、ガスなど、今住んでいる所の休止日を連絡します。新居の電話開設手続き、ガスの開栓日なども予約します。新聞などを取っている方は、解約、精算をしておきます。
(これは引越しれんらく帳を使うと超絶便利です。↓こちらの記事に詳しく書いてます。どうぞ
http://xn--48je2e7gwda2zja2286gd5jlvr8z6i.com/2015/10/31/post-247/

 

そして役所に転出届けを提出します。
(同時に婚姻届けをだすことがOKであればそれが書類手続きは楽です)

 

簡単にまとめてみます。

 

引越し

 

結婚式4〜5ヶ月前に引越しします。
電気、水道の開始手続きをします。
役所に転入、転居届けを出します。
婚姻届けを提出します。
住所や、氏名変更届けを出します。
(苗字が変わる方は、保険、免許等の手続きも。)

 

その他、会社に退職届けや休暇願いを出します。
その時に失業給付金で必要な書類を貰う等、手続きをふんでおくといいでしょう。
(小さいお店など、オーナーの気分しだいで雇用保険証明書を出さないもしくは時間がかかる所もあるので注意が必要です。)

 

入籍後

 

会社に結婚届けを出します。
仕事を辞めた方は、失業給付金の手続きをします。
(この時に会社の離職票を会社からもらっておかないと失業給付金の手続きが受けられません。)
国民年金の届出を出します。

 

※仕事を入籍前に辞めるの入籍後に辞めるのかは人それぞれだと思うのでこの部分は参考程度にどうぞ

 

まとめ

 

上記のスケジュールは、スムーズに引越しを進めるには、面倒のない順序ですが、きちんと自分で管理すれば必ずしもこうでなくても、もちろん大丈夫です。

 

ただ、氏名の変更など面倒な事も多いので婚姻届を出してから又は出すと同時に引越しした方がスムーズではないでしょうか。

 

新居契約〜転出届け提出〜引越し〜転入・転居届け提出〜婚姻届提出〜住所・氏名変更届提出〜
会社に退職届、又は休暇願いを提出〜結婚式後〜会社に結婚届けを提出〜失業給付金手続き〜国民保険手続きで終了です。

 

結婚、引越しとなると多くの手続きが必要で大変ですが自分にあったプランに合わせて、面倒な作業を終わらせて下さい。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト