引っ越しのここがわからない

引越しは申し込む月によって値段が違う

 

 

 

 

1月から12月でいつ頼んだら引っ越し代は安いの?
逆にいつ頼んだら代金が高いの?

 

 


 

繁忙期にあたる3月・4月は
1年で一番引っ越し代金が高い月です。

 

 

3月、4月は就職・転勤・進学などの時期になるので
多くの人が引っ越しをします。

 

 

なので3月、4月は
費用を高くしているというより費用が安くならない!
と言うほうがより正確です。

 

 

そのためこの時期に業者へ引っ越しの依頼をすると
年間の中でも最も高額な引っ越し代を請求されることになります。

 

 

お金を払う気があっても
申し込む人が多くて予約が取れないような場合すらあります。

 

 

この時期に転居をしなければならない状態になっている場合は仕方がないですが
それ以外の場合についてはできるだけ3月、4月は避けて引っ越しの
準備を進めていくようにしましょう。

 

 

それだけでかなりの引っ越し代節約が期待されることになります。

 

 

閑散期の時期は1月、6月、11月、12月です。
この時期は繁忙期に比べてだいぶ値段が安く設定されています。

 

 

引っ越し業者によっては1年分の利益の大半を
3月4月に稼ぐ業者も多いです。

 

 

3月、4月以外の月は暇な業者も多いため特に
1月、6月、11月、12月は需要が少なくその結果として
値段が繁忙期の半値近くになることもザラです。

 

 

 

一つ注意としては夏休みや冬休みと重なる頃は
業者によっては引っ越し代が割高になっている場合もあるので
注意する必要があります。

 

 

また直前の予約よりも余裕を持って予約をしている方が割引適用されることも多いので、
引っ越しする日が決まった後は速やかに業者探しをして予約をすることが大切になります。

 

 

引越しは申し込む曜日でも安くなる

 

「平日に引っ越しをすると安くなるの?」

 

 

【引越しを安く】引越しが安くなるとき高くなるときを調べてみました

引っ越しが集中する曜日は
土曜日や日曜日だと言われています。

 

 

他にも祭日には増える傾向にあると言われており、
祭日と週末が重なって三連休や四連休になっているような
場合は春並みに予約が集中することもあるので早めに予約する必要が出てきます。

 

 

やっぱり閑散期でも申し込みが殺到するときは割高になります。

 

 

 

少しでも引っ越し代を節約して
新生活を始めるための費用に充てたい場合は
できるだけ平日を狙って予約を取るようにしましょう。

 

 

ちなみに土日だと日曜よりも土曜の方が
引っ越しは集中しやすい特徴があります。

 

 

これは土曜のうちに荷物を運び終えて日曜日に
荷解きや近所への挨拶などを考えている人が多いためす。

 

 

週末を全部使って引っ越しを終えようというのが目的になっています。

 

 

ちなみに引っ越し業者の繁忙期と呼ばれる春先については
平日でも土日でも関係なく予約が埋まっているような
状況になるのでできるだけ早く予約をすることが大切です。

 

 

予約は早ければ早いほど費用が相対的に安い特徴があります。

 

 

引越しは午後の方が安い

 

 

 

 

「午前中と午後だったらどっちが安く引っ越しができるの?」

 

 


 

もちろん引っ越し業者の状況によっても変わりますが、
引っ越し代が安くなる時間のタイミングとしては午前よりも午後になります。

 

 

これは引っ越しをする多くの人が午前中のうちに転居を済ませて
午後を荷解きや挨拶、手続きなどの時間に費やしたいの人気なんですよね。

 

 

そして朝一番に予約するメリットとしては時間が「ズレこまない」
というのがあります。

 

 

 

午後引っ越しの場合は当然、
午前の引っ越し作業を終わらしてから来ます。
中には時間が押してしまうことも・・・・

 

 

そういう困ったトラブルが午前だったらおきません。
なので午後の自分の予定を安心して立てることができます。

 

 

他にも午前だと作業スタッフが元気なので集中して作業をしてくれます。
なのでうっかりミスとかの面でも安心できたりします。

 

 

たくさんの人は午前の時間帯を引っ越し時間として
希望するため午前中は割高になります。

 

 

ちなみに午前はAM8時からのスタートが多く
午後はPM14時のスタートが多いです。

 

 

そのため相対的に午後の引っ越し代が下がるという仕組みですが、
時間にこだわりが無いのであればフリー便を利用することによって
かなりお得に転居を進めていくことができます。

 

 

フリー便というのは午後の14時スタートみたいな
時間が決まっているのではなくて

 

「午前の作業が終わったらアナタの家に向かいます」

 

みたい感じで時間が正確に読めない変わりに
値段が大幅に下がるみたいなプランです。

 

 

引っ越し代を少しでも下げたい場合は
「午後便」や「フリー便」を使って下げるみるのも手です。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト