引越しのここがわからない

女性専用物件って何?都内で人気の女性専用物件とは。

賃貸物件を探しているとペット可だけでなく、様々な手法で差別化を測り、入居者へオリジナル性をアピールしているものが増えています。

 

以前から都内を中心に定着している女性専用物件とはんどんな仕組みなのでしょうか?

 

安全安心のためにも利用すべき?

 

 

女性専用物件

 

女性専用物件とは、文字通り入居者を女性に限定した物件です。

 

同じ物件に数年住んでいても、隣の入居者と顔を合わせたことがないということも最近ではごくあたりまえのことでしょう。

 

一人暮らしの身としては、顔みしりにまではならなくても、隣の入居者が女性であるというだけでも安心感を覚えることでしょう。

 

女性入居者にとっては、防犯上の安心感があり、物件所有者にとっては、女性の方が禁煙率が少ない、部屋の使用方法が丁寧で物件の損傷が少ないなどの観点からこの方法はとても人気があります。

 

ただし、女性のみと入居者を限定することで、物件自体の入居率が下がってしまう傾向もあり、その分賃料が割高になる場合が多くみられます。

 

 

契約前の確認ポイント

 

女性限定物件は、安全面への配慮から、物件独自の規約を設けている場合がありますので、契約前に必ず確認をしておきましょう。
ありがちな規約の一例として

 

● 親族、知人、友人の男性の物件内への立ち入りを禁止

 

● 物件契約者以外の物件の利用、宿泊の禁止

 

● 夜10時以降のエントランスの開閉にはインターフォンで管理人への通知が必要

 

● 宅配業者の利用には事前に管理人へ配達予定の報告が必要

 

などがあげられます。安全に配慮した内容とはいえ、窮屈に感じることもあるでしょうから、しっかりと考えてから契約へ進みましょう。

 

 

ありがちな勘違い

 

女性に入居者を限定しているからといって、特段の防犯対策等が講じられているとはかぎりません。

 

あくまでも、入居者が女性というだけの場合も多々見られます。

 

中には、専用のガードマンが常駐している、大家が見回りなどを行ってくれると勘違いをしてしまう場合もありますが、たいていの場合そのような条件は付帯していません。

 

入口エントランスがオートロックになっていればよしと考える程度が無難といえるでしょう。

 

女性限定物件には、学生からOLまで様々は入居者があり、一概にガードしきれないのも理由の一つでしょう。自身の安全対策は自身でしっかりと行うという点を忘れないでおきましょう。

 

 

入居にあたって

 

女性限定物件に入居する際は、通常の物件以上に自身での防犯対策も必要といえるでしょう。

 

● 前入居者の退去後に鍵の交換をしたのかを書面、現物で確認をする
※立ち合いのもの鍵を交換するとより安心でしょう

 

● 窓の開閉に際して不具合、鍵の故障がないかを入居時に確認する

 

● カーテンは外から視界をシャットアウトできる素材のものを取り付ける

 

● 間接照明などの器具は女性入居者であることを外部へアピールしかねないので、極力使用しない

 

● 洗濯物を干す場合には、女性入居者であることをアピールすることになりかねないので、室内干し、浴室乾燥等の代替え策を講じる

 

● ゴミを捨てる場合には、ゴミ袋の中身が見えないように工夫をし、決められた曜日、時間を守って捨てるよう心掛ける

 

まとめ

 

女性の引越しは、いかに安全な物件を選ぶかが何よりも大切です。

 

隣の入居者のことまで気にかけ始めてはいつまでたっても引越し先が見つからないことでしょう。

 

物件自体の間取りも大切ですが、駅から物件への帰り道が安全かどうか、万が一の時に付近に声や音が届くのか、コンビニやスーパーなど夜間でも明るい場所が付近にあるかなども物件選びの際の項目として意識しておくとよいでしょう。

 

 

自宅の引越し代金がどのくらいか見積もりをとるならこちら

 

hikkosi-kagudousuru

 

テレビCMで有名な引越し侍の見積もりサービスを利用すると無料で複数の業者の見積もりがとれます。

 

最大50%安くなった事例もあるので試しにやってみることをオススメします。ネットで簡単にできます。

 

>>>引越し侍で見積もりをとってみる

 

 

スポンサーサイト

関連ページ

【女性の引越し】携帯番号をしらせたくない・・・どうしたらいいの?
初めての引っ越し、慣れない引っ越しの素朴な疑問がわかるサイトにしてみました。
女性の一人暮らし。引越しの不安解消策は?
初めての引っ越し、慣れない引っ越しの素朴な疑問がわかるサイトにしてみました。
妊婦の引越し。どう乗り切ればいいの?頼りになるサービスは?
初めての引っ越し、慣れない引っ越しの素朴な疑問がわかるサイトにしてみました。
妊娠中の引越しは無理厳禁〜業者に引越しをしてもらう〜
初めての引っ越し、慣れない引っ越しの素朴な疑問がわかるサイトにしてみました。